大河内 敦の裏blog(番外編)

広告会社に勤める一級建築士の断食経験とその後。

3月9日 ― 断食明け3日目

朝目が覚めたら、窓の外は素晴らしい雲海だった。

 

f:id:ats-forldn2012:20200309073852j:plain

昨晩の雨と、今朝の温度の高さによるものらしい。写真に撮る。雲より上にいるので、静養院の庭に日差しが降り注ぐ。

明日は退所の日だ。

f:id:ats-forldn2012:20200309082249j:plain

来るときは重い荷物を担いで何とかここまで運んでこられたが、五日断食した身には重すぎる。宅配便に集荷をお願いして自宅に発送した。

f:id:ats-forldn2012:20200309075009j:plain

朝 食 : おかゆなめこの味噌汁・大きな黒豆の煮物

 断食明け3日目になると、色いろ欲が出てくる。ちなみに朝食については、甘い豆をおかずにおかゆは食べにくいので、お味噌汁の具を箸でつまんでそれをおかずにいただき、黒豆の煮物はデザートにした。

f:id:ats-forldn2012:20200309115306j:plain

昼 食 : おかゆ(全粥になった。)・キウイとトマトをのせたポテサラ・昆布の佃煮

 昼食は、ポテサラのマヨネーズ味と、生のトマト・キウイの酸味が嬉しい。

 

f:id:ats-forldn2012:20200309155126j:plain

夕 食 : おかゆ(元に戻った!)・豆、ひじき、こんにゃく、人参の煮物・切り干し大根と厚揚げの煮物 

これも、切り干し大根と厚揚げをおかずのメインに、おかゆをいただいた後、豆はデザート的に頂いた、が、豆の甘さがいつまでも口の中に残った。

断食が明けてから、基本的に何を食べても美味しいのだが、味に敏感になっているのか、特に甘いものは食後いつまでも口の中に味が残っている様に思う。