大河内 敦の裏blog(番外編)

広告会社に勤める一級建築士の断食経験とその後。

7月13日(土) -             久々にバカ食いしてしまう。

この日は朝から外出する。まず映画を観て、その後お世話になってるオーディオショップで新製品の試聴会に行き、最後にお酒とともにしっかりお肉を食べてみることにした。

場所は、大阪・北新地にある「堂島精肉店」。名前の通りお肉屋さんだが、店内にカウンターがあり昼・夜と食事も提供している、と、言うか、今では食事の方がメインの商売の様だ。よくわからないけど。

f:id:ats-forldn2012:20190713213419j:plain

夜はものすごく繁盛しているお店なのだが、時間はまだ午後三時、お客は私だけ。シトシトと雨が降る中、カウンターで店内テレビを観ながら料理とお酒をいただく。おっさんの優雅な昼酒タイムである。最初に冷えた白ワインをいただく。

f:id:ats-forldn2012:20190713215357j:plain 

お肉屋さんだけあって、このお店はやっぱりお肉がいいのだ。値段も安め。あの希少部位のシャトー・ブリアン様も、アルミのトレイに乗っかってサービスされる。このカジュアルさが勿体つけてなくて大阪っぽいな、と、いつも思う。で、その「シャトー・ブリアン・アルミトレイ載せ・刻みキャベツ付き」に、「冷やしトマト」「キュウリのしばき」を注文。シャトー・ブリアンの肉の風味や味を感じながらいただく冷えたワイン。美味しい、が、一杯飲み切るのにちょっと時間がかかった。続いて、赤のグラスワインを頼む。

f:id:ats-forldn2012:20190713214215j:plain

そのあと、私の中では赤ワインのスペシアル・マリアージュであるミンチカツ、それとコールスローを注文。

f:id:ats-forldn2012:20190713214234j:plain

二杯目のワインは、一杯目よりすぐ飲めた。

二杯飲めたら御の字、と思っていたが意外とあっさり飲めたので三杯目の赤ワインを頼み、それも飲み切って、仕上げに牛肉たっぷりのガーリックチャーハンまで行きつき、完食。~ なんと、ここまで飲み食い出来るとは!!

f:id:ats-forldn2012:20190713214751j:plain

で、問題はその後である。 ~ 私は昔からお酒を飲むと無性に甘いものが欲しくなるのだ。で、断食以降ついぞ無かった事なのだが、この時は以前のその習慣が戻ってきた。

ベーカリーショップに入り、菓子パンとアイスコーヒーをいただき、更に、駅でグリコの17アイス・濃厚いちごを食べる。

f:id:ats-forldn2012:20190713214311j:plain f:id:ats-forldn2012:20190713214324j:plain

お肉とお酒をしっかり食べてみよう、が、久々に以上の様なバカ食いになる結果に。この調子だと、意外と元の様な食事が食べられるようになるのは簡単かも。

でも、出来れば、バカ食いしてもその後また適切な食生活に戻れる「融通無碍さ」を持ちたいものだ。で、ないと、単なるリバウンドおやじになってしまう。

7月10日(水) -             断食後、初のお酒。

自分自身は今の食生活に満足しているのだが、人付き合いに支障がある。あまり宴会のコースや、鍋や焼肉でワイワイと食事をするということに食指が動かない。ここ2ヶ月のあいだ食事のお誘いをもらっても遠慮させていただいている。あまり食べないでお付き合いする、という方法もあるのだが、やはりこういった席でお酒が飲めないのは決定的に困る。

今までは基本的に回復食というフェーズだったので、自主的にいろいろな食事制限を加えてきたが、そろそろ量的にも質的にも普通の食事に意識的してトライしていこうと思う。

実際のところ、それほどお酒が飲みたいというほどでは無いのだか、やはり飲めた方がいい。いろんな意味でライフスタイルの一番の理想は、「融通無碍」であることだと思う。自分に制限や義務を課す(タガを嵌める) というよりは、やる時はやる、やらない時はやらないと、 自分の意志で自由に (タガを嵌めずに)決められるというスタイル ~ これを食事に置き換えると、会席や行事があるときはしっかりお付き合いする一方、普段の生活で不必要に過剰な飲食はしない、むしろ、今の様に少なくても美味しい食事で満足するスタイルを続ける。「過剰」と「洗練」を自由に行ったり来たり出来ることが理想だ。

         ●

脇道に逸れるが、最近、交友関係についても同じようなことを考える。 ~ 私はもともと一人遊び(本読んだり、楽器いじったり、絵を描いたり、文章書いたり、料理したり・・・)が好きな人間なのだが、定年を迎え老後が見えてくると、年齢・性別・職業・役職といったものに囚われない交友関係というものも、一人でいる時間と同じ重さで大事かな、と、考える様になった。一人思索にふける孤独な時間と、知的な会話を交わせる交友関係、この両方を自由に行ったり来たり出来ることが理想のライフスタイルだと。 ~ しかし、最近、孤独を礼賛する言説が増えたな。多分、高齢化やひきこもりとかで孤独な人間が増えて、自己肯定する必要に駆られている人が増えているンだろうな。

f:id:ats-forldn2012:20190718071411j:plain

         ●

で、「お酒」である。

療養所退所時に院長先生から「一ヶ月くらいは、お酒を控える様に」と言われていたので、(煮物の味醂やドレッシングに混ぜたの白ワインと言った調味料以外は) アルコールを口にしないで70日が過ぎた。ことここに至っては、別段ガマンしているつもりもないのだが、実は私にはワインをテーマにした交友関係があったりもして、不義理していつまでも飲まないわけにはいかない。そろそろ、飲んでみることにした。

最初なのでビールとノンアルコールビールのハーフ&ハーフ、それで酔い心地の様子を見ることに。(ちなみにおかずは「茄子・竹輪・うす揚げの温かいだし汁」。)

f:id:ats-forldn2012:20190712081005j:plain

一口目、おいしい。 ~ 薄まったビールだが、以前より苦みや香りもしっかり感じ取れる。

断食後、舌が敏感になって何を食べても美味しく感じるのはお酒も同じようだ。で、やはりお酒も少量で満足できる・・・と言うか、コップ二杯のんだら身体が熱くなってきた。

以前はお酒を飲むと食欲が亢進していたが、酒量が少ないからかそういった事も無く、普通にいつもの量を美味しくいただき、テレビを見ながらウトウトしてしまった。

断食後、6月一ヶ月間の数値・まとめ

断食療養所を退所してから一カ月経つので、6月の数値の推移をまとめることにした。

 

【退所後の数値の推移】f:id:ats-forldn2012:20190702134110j:plain <対 入所時>

  ・体 重  (82.0kg-72.05kg)   9.95kgの減

  ・体脂肪       (23.5%-15.1%)              8.4%の減

  ・ウェスト   (97.0cm-85.2cm)       11.8cmの減 

  <対 断食終了直後>

  ・体 重  (73.4kg-72.05kg)   1.35kgの減

  ・体脂肪     (26.3%-15.1%)          11.2%の減

  ・ウェスト (88.6cm-85.2cm)        3.4cmの減  

無事リバウンドも無く、数値はむしろ減少する傾向。14日間の断食直後と比較しても減少している。(当初の予想通り、特に体脂肪の減り方がすごい。) ~ もちろん、断食終了後は食事を摂っている訳で、それでも食事を摂っていなかった時よりも体重・他が減少するのは、摂取しているカロリーを上回って、通勤や仕事その他に消費するカロリーが増えていることを意味する。

ただし個人的にはあまり無理している感覚は無い。むしろ、小さくなった胃袋で、本当にお腹が減った状態で、少ないながらもいただく食事の美味しさに日々満足している。無理をしている感覚が無いのは、リバウンドからも遠い精神状態をキープ出来ていることでもある。断食というのは、ダイエットという側面からみると、かなり過激な部類に入るだろうが、事後のことまで視野に入れると合理的な方法であるかもしれない。

 

6月26日(水) -             宝山寺・静養院 再訪 その②。

引き続き、院長のご機嫌伺いに訪れるべく、静養院に電話を入れるがつながらない。

f:id:ats-forldn2012:20190627130538j:plain

建物が広く、固定電話に出れない事も多い様なので、そのままノーアポで伺うと果たして院長はご自分のデスクで仕事をしていらした。突然の来訪にもかわらず快くお相手していただき、一時間弱お喋りさせていただく。

退所後の一か月で、気になっていることをお話させていただいた。

 

① 嗜好が変わり、甘いものや脂っこいものを食べたくなくなった。静養院のメニュー

  の様な食事を続けていると、体重が72キロまで減った。

② 便が固い。また、量を食べていないからかもしれないが、2日に一回ぐらいのお通

  じが普通になっている。腸内の滞留時間が長いから、水分が吸収されてしまい、そ

  こに繊維質の多い食事で便が固まり、更に油分が少ないため滑りが悪くなっている

  かもしれない。

③ 少しめまいがある。また、電車の中で立っているのがツライ時がある(気分が悪い

  と言う訳ではなく、席が空いたら座りたいな、と、言う程度だが)。

④ 食事の内容は、無理にでも変えた方がいいのか??

⑤ 筋トレを徐々に始めている。運動後だけは、甘いものが欲しくなる。

  筋トレは義務心というよりは、運動後に気分がすっきりするのでやっている。

⑥ 日常生活では、10kg体重が減ると、さすがに、階段の上り下りが楽になった。

 

などなど。

先生のお話は、「食事内容は無理に変えなくてもいいが、今のメニューのままで一品だけ何か違うモノを付け加えてみてはどうか。」というものだった。

・体形が維持できていること自体は悪い事ではないので、今の食事内容のままで、少しだけ変化を加えるところから始めて様子を見るというのが最適な方法かと。

・もともと、身体が大きいので、維持するにもカロリーが必要。野菜や豆腐の煮物などをメインにしながら、野菜のてんぷらとか、うなぎとかを付け加えるとか。

・めまいやお通じにも変化が現れるかもしれない。

・運動は、無理をしていないのなら、続けてもらっていいと思う。

とのこと。

・あくまで、断食は「きっかけ」であって、それ以降の生活や意識がどう変化したかの方に、本来的な価値がある。

断食中に、「〇〇しなければならない」はヤメるべき、という話を書いたが、退所して、また無意識に「~しなければならない」という志向にもどりつつあることを反省した。人間、なかなか変わることが出来ないから、モニターしながら意識して変えて行かなければならない。

院長の丁寧なアドバイスにお礼を言って、静養院を後にし、コミュニティバスで山を下りた。

f:id:ats-forldn2012:20190627130600j:plain

コミュニティバス「たけまる号」生駒山生駒駅を行き来している。うちの近所にも、こう言うのがあればいいのだが。

なお、院長のお話では、このblogを見たのか私が退所した後に長期の断食プログラムの申込みが増えているそうだ。こんなblogでもご覧になっていただけてありがたい限りだ。

6月26日(水) -             宝山寺・静養院 再訪 その①。

25日朝、息子が公務員試験をパスした。あと官庁訪問を重ねて、どこかの省庁に採用してもらえるかどうかと言うところまで来た。

翌26日から早速官庁訪問が始まる。東京の叔父・叔母がその間の息子の世話を快く引き受けてくれた。ありがたい。何とか受かってほしいな、と、考えていると、前回護摩木をお願いした宝山寺を訪れることを思い立った。断食療養所・静養院を退所してほぼ一か月、再訪して院長にご挨拶するにもいいタイミングだ。

という訳で、梅雨入り直前の晴れた朝、生駒・宝山寺に向かう。参道には一か月前には無かった紫陽花が美しく咲いている。

f:id:ats-forldn2012:20190627104736j:plain

f:id:ats-forldn2012:20190627104748j:plain

護摩木に何と書くか散々考えたが結局ストレートに「内々定獲得」と書き、受付にお願いする。護摩木はこれで三本目だ。 ~ 無事採用になったら、またお礼に来ないといけないな。

f:id:ats-forldn2012:20190627104759j:plain

 

6月21日(金) -             久しぶりの筋トレ。

断食療養所を退所してより、長らく運動をしていなかった。

f:id:ats-forldn2012:20190623144810j:plain

療養所の院長先生は、ストレスがかかる事については基本的に評価しない立場をとってらっしゃるので、また、それには私も半分同意する部分がある(無理せず出来れば楽しんで健康が維持出来るなら、それに越したことは無い訳で、特別なことやガマンを強いることは、いろいろな意味で反動が起こる、)ので、入所前には週二回行っていた筋トレをここ二カ月ほど見合わせていた。

しかし、この数週間は体重も安定してきているので、第二弾のアクションとして久しぶりにコナミスポーツに向かう。出来れば、新鮮な気持ちでトレーニングに取り組めるよう、今回、新しいウェアを調達。前から気になっていた UNDER ARMOUR の加圧式ウェア・コンプレッション。おかげで、新鮮な気持ちで筋トレが行えた。

しかし、ウェアにこだわってみて気が付いたが、トレーニングなさってる人、結構オシャレしてます。総じて、断食してからいろいろ気が付くことが多くなった様に思う。

f:id:ats-forldn2012:20190626064543j:plain

で、トレーニングが終わり、今日はしっかり食べようと決めて、これも数カ月ぶりの「餃子の王将」で「餃子定食」をいただく。

f:id:ats-forldn2012:20190626064631j:plain

~ ちなみに、退所後の食事指導的には、退所から20日以上経過しているのでハンバーグや餃子といった「挽き肉モノ」は食べていいことになっている。

とにかく、よく噛んでゆっくりいただく。多分10日前なら胸やけしていただろうが、今回はあっさりと二人前をおいしく食べることができた。

で、その後の変化なのだが、

 ① 帰りの電車の中で、猛烈に眠くなる。

 ② 餃子を二人前食べているにもかかわらず、

                   急に更に、甘いものが食べたくなる。

舌が敏感になってから、甘いものを食べたくなっても少し食べたら満足し、食後に口の中に甘みが残ると少し不快な気分になっていたのだが、久しぶりの運動で変化が起こった。

ドトールコーヒーでアイスコーヒー(ミルク・シロップ入り)とブルーベリー・デニッシュを美味しくいただいた。甘さが身体にしみ込んでいくような感覚に襲われる。久しぶりの運動で、血糖値が下がったか。

f:id:ats-forldn2012:20190626064723j:plain

明日以降は間違いなく筋肉痛になる。収まったら様子を見ながら、またゆるゆる運動を開始しよう。

しかし少しの運動でこういった変化が起こる。お酒を飲んだらどうなるのかな。

6月20日(木) -             シニア雇用後、最初の給料日。

私は、36才で結婚した。そこから子供が出来て、家を買って、という人生を送ると、定年間際まで「教育費」「住宅ローン」に追いまくられて、当然「老後の備え」というものが後回しになる。で、二年ほど前にそれまで出来るだけ前倒しで払ってきた住宅ローンを完済した際に、嬉しい一方で、ハタとこのことに気が付いた。

かと言って何を始めていいか分からないので、それまで払ってきたローン分+節約で、取りあえず定年後に向けて自由になるお金を一千万溜める目標を立てた。

で、5月末に定年を迎え、本日6月の20日がシニア再雇用になって初の給料日である。~当然、今までと比べると給与はガクンと下がったが、〆てなんとか一千万をクリアできた。

f:id:ats-forldn2012:20190627100301j:plain

で、このお金で何をしたかと言うと、まず、息子が大学を卒業するまでの生活費を前払いでまとめてカミさんに渡すことだった。

f:id:ats-forldn2012:20190627100510j:plain

~ これは、息子が大学を卒業して教育費や養育費が無くなった時点でカミさんと家計について話し合うための準備だ。給料が減ったとはいえ、それまでは必要なお金はカミさんに渡さなければならない。

これから、何らかネガティブな状況が予想される、あるいは起こるのが明らかで、何らかの対策や方針変換を行わなければならないが、どの程度のものか予想が立たない時、自分は、あえて更に苦しい方向に持って行くようにする。~ これにより、予想以上に厳しい状況になった場合も、苦しい設定をしておいた分、気分に余裕が生まれるから。過去にも、会社が不景気で管理職が一斉に減給になった際に、あえて財形を始めたり。たとえが大げさだが、戦時中に食べ物が無くなって飢えた人が、あえて手元にあるなけなしのパンを食べずにガマンし続けることで、精神的に余裕を確保した話に通じる。

そして前払いした期間で、給料がガクンと減ってみて実際のところ自分の生活ぶりがどれくらい苦しくなるのかをしっかりシミュレーションし、月々の必要経費を把握する。この数年で溜めたお金は、以降そのためのバッファーとして機能する。

幸い、断食したことで、生活に対する意識や志向がシンプルになって、お金を使わない方向に向いているのはありがたいことだ。