大河内 敦の裏blog(番外編)

広告会社に勤める一級建築士の断食経験とその後。

今回の自宅断食のまとめ。

【今回の自宅断食の数値の推移】

 <対 プログラム終了時>

  ・体 重  (74.55kg-71.05kg)   3.5kgの減

  ・体脂肪       (17.5%-13.6%)             3.9%の減

  ・ウェスト   (88.6cm-85.1cm)        3.5cmの減 

  <対 断食終了直後>

  ・体 重  (67.90kg-74.55kg)         6.65kgの減

  ・体脂肪     (18.0%-17.5%)           0.5%の増

  ・ウェスト (82.0cm-85.1cm)         3.1cmの減 

f:id:ats-forldn2012:20210227142331j:plain

さすがに年一度の断食を三回続けると体重や体脂肪などの数値はけっこう下がることになる。ただし、数値の減り幅は最初ほど大きくはなくなっている。

また今回は、断食を開始しして割とすぐに好転反応が起こり、その不快感もわりとすぐ収まった。全体に数値の変化も穏やかだ。また、断食後の通常の食生活への戻りも早いように感じる。 断食を繰り返すと身体も慣れるのかも知れない。

 

 【今回、初の自宅断食を行っての感想】

・思ったより楽に行えた。場所が自宅ではあったが、食べ物の誘惑はそれほど気にならなかった。

・断食するといろいろ感覚が敏感になるのは、どこで行っても同じだが、生駒の山の上の療養所と自宅とでは、周囲の刺激のレベルがぜんぜん違う。特に音や匂いに敏感になっている状況では、周囲のノイズにはイライラしがち。家族は普段通りの生活で過ごしているので、あらかじめ自分がこういった精神状態になることを話して理解を得ておく必要がある。

・今回は普段の生活の場での断食ということもあり、少し気分転換をするためにも開始前に少し部屋の模様替えなどをして、普段と違う環境・気分で始めるのがよい。最悪、寝るときの頭の向きを逆にするだけでも良い。日々日常の気分の延長でなんとなく断食を始めると気持ちの切り替えに手間取るし、逆に気合入れて開始しても周囲の環境が変わらないと、なんか気分が上がらない。

・断食後の回復食は自己管理で行うことになるので、けっこうこれに気を付けなければならない。一人分だけ作るというのは意外と難しく、ついつい作りすぎてしまう。

・特に今回反省すべき点は「間食」だ。回復食の期間中に食事の合間のお茶など飲むと、お茶あてにピーナッツやらチョコレートやらを口に入れてしまうことが多かった。

・身体の痛いところや目の下のブツブツ、脚のつり、などが断食中は消失する。これは以前にも経験したうれしい反応だが、残念なことに回復食が始まると徐々に元に戻ってしまう。

・断食はやはり暖かいときにする方がよい。寒いときに行うと食事による熱発生が無い分冷気が身体にこたえる。

                ●

【-参 考①- 2019年・静養院入所期間中の数値の推移】

 <対 入所時>

  ・体 重  (82.0kg-75.8kg)   6.2kgの減

  ・体脂肪       (23.5%-18.5%)             5.0%の減

  ・ウェスト   (97.0cm-91.5cm)        5.5cmの減 

  <対 断食終了時>

  ・体 重  (73.4kg-75.8kg)   2.4kgの増

  ・体脂肪     (26.3%-18.5%)          7.8%の減

  ・ウェスト (88.6cm-91.5cm)        2.9cmの増 

f:id:ats-forldn2012:20190530063011j:plain

 【-参 考②- 2020年・静養院入所期間中の数値の推移】 

<対 断食開始前・ 断食終了直後>

  ・体 重  (80.60kg-72.80kg)   7.8kgの減

  ・体脂肪       (22.2%-22.3%)       0.1%の増

  ・ウェスト   (93.5㎝-85.5㎝)       8.0cmの減 

<対 断食開始前・静養院退所日>

  ・体 重  (80.60kg-73.60kg)   7.0kgの減

  ・体脂肪       (22.2%-22.1%)       0.1%の減

  ・ウェスト   (93.5㎝-86.9cm)      6.6cmの減 

f:id:ats-forldn2012:20200412170642j:plain

                  ●

今回、自宅でも断食が行うことができた。今後は不摂生が続いたりしたらリセットする意味でカジュアルに、一日~三日くらいのプチ断食を自己管理でこまめに行うのもアリかも知れない。

ただし、期間の短い断食はリバウンドに注意が必要だろう。五日くらい食べないと、六日目に重湯を口に入れてもほとんど感慨が無いほど不食に身体がならされるが、一日、二日程度では、おそらく空腹から爆発的な食欲が起こるように思う。流されやすい環境の自宅で行うなら、なおさらである。

このカジュアル断食については、実践の機会があれば行ってみて、またレポートしたいと思う。

2月17日(火) ― 断食明け6日目

で、このタイミングで狙った様に、人間ドッグ受診の日なのである。検診を受けるには断食明けという今の状況が特殊すぎるきらいがあるが、たまにはいいだろう。どういう数値が出るかな。

   f:id:ats-forldn2012:20210219134053j:plain

 【基本数値】

  ・体 重 70.4kg  (昨年75.9kg    -5.5kg) 

  ・体脂肪    16%     (昨年21%       -5%)

  ・ウェスト 82cm   (昨年84.9cm    -3.9cm)

ここらへんは、わかりやすく数値が低下している。尿酸値や血圧も改善していた。

 

ただ、不思議なのが、体重、体脂肪、ウェストの数値が改善しているにもかかわらず、

  ・総コレステロール 219mg/dl  (昨年202mg/dl    +17mg/dl) 

  ・LDLコレステロール  146mg/dl  (昨年126mg/dl    +20mg/dl)  

と、コレステロール値が上昇しているのと、

  ・白血球数 2800/mm3 (昨年3600/mm3   -800/mm3

と、白血球数が減少している。ここら辺は、断食直後という特殊事情と関係あるかもしれない。無いかもしれない。次回の検査でまた比較してみよう。

 

2月15日(月) ― 断食プログラム明け

昨日で断食プログラム終了した。通常の生活に戻す第一日目。

f:id:ats-forldn2012:20210217112651j:plain

朝 食:ごはん、梅干-しそ漬け梅-、ひややっこ・おろししょうがのせ、大根おろし、わかめの味噌汁、かた茹でたまご。

通常の食生活にもどった証に、朝食に固形物「かたゆで卵」を加えた。ひととおり献立を食べた最後に、しっかり10分以上ゆがいたたまごに塩を振ってお味噌汁ととも食べる。うまい!

                                                f:id:ats-forldn2012:20210225130503j:plain

断食中は変に身体を動かすと心臓がバクバク言ったり、身体がむくんだりするので、あのまり運動めいたことはしない。が、今日は通常生活の一日目ということで、会社に在宅勤務開始の報告を入れてから仕事の合間に1万歩以上あるくことを自分に課す。

自宅は、駅から階段だと400段分の階段を上り下りするくらいの高台にある。で、山を下りて、行った先でお昼に外食して、また戻ってくることにした。

今日は、朝からひどい雨である。

わたしは毎週月曜の朝、在宅勤務の開始を遅らせてスーパーに買い物に行く。一週間の常備菜の材料調達のためだ。朝9時の開店と同時にお店に飛び込み、だいたい15-20分で買い物を済ませる。

今日は雨でお店がすいている。外の景色を見ながらマクドナルドでコーヒーを飲む。 

                            f:id:ats-forldn2012:20210225130616j:plain

もちろん、断食明け初コーヒーだ。クリームを2個もらいマイルドにしていただく。

うまい! マクドナルドのコーヒー、あなどるべからず。                                                  

                                                f:id:ats-forldn2012:20210225130553j:plain

外はひどい雨で、スーパーの出口から駐車場の車にたどり着くまでにズボンがびしょびしょになった。10時前に帰宅、会社の在宅勤務開始の連絡を入れ、メールや経理処理のチェックを済ませたあと、再度、外に出た。雨は少しづつ小降りになってきている。

出先で、昼食をいただく。

バイキング式のカフェテリアで、小鉢をメインにピックアップ。断食後の初チャレンジとして、油もの「ちくわの天ぷら」を加えた。   

f:id:ats-forldn2012:20210225130745j:plain

昼 食 : ドライトマトの酢の物、茄子の味噌和え、納豆、ちくわの天ぷら、じゃこのサラダ、ごはん、お味噌汁

昼食後ゆるゆる歩いていると、昼過ぎに雨が上がる。回復食中の三度の食事で消費し、残り少なくなった梅干を買って帰ることに。 

f:id:ats-forldn2012:20210225131425j:plain f:id:ats-forldn2012:20210225131443j:plain

結局この日は、15,000歩以上歩いた。 

              f:id:ats-forldn2012:20210225131505j:plain

夕食の主食は、あいかわらずたんぱく質確保のためのたまごかけご飯である。

本日は、あらかじめたまごの白身を分離してご飯に白だし・醤油とともに混ぜたものに、納豆と卵黄を乗せた。 ~ 来週は、ネギとかも加えてみよう。

f:id:ats-forldn2012:20210225132653j:plain

夕 食 : 冷奴下し生姜のせ、大根おろし、海苔、高野豆腐とふきの煮物、春菊の白和え、もずくの酢の酢の物、納豆とたまごかけご飯、わかめの味噌汁

あと、自宅断食終了の気分転換に散髪を行った。断食期間中は意図的にひげを伸ばしていたが、これもサッパリと剃ってもらう。

       f:id:ats-forldn2012:20210225135900j:plain      f:id:ats-forldn2012:20210225135917j:plain

散髪後、銭湯に行く。

                         f:id:ats-forldn2012:20210225144744j:plain

 私は銭湯が好きなのだが断食中は体力不足になるので、もちろん熱い湯に身体を漬けるなど出来ない。本日歩き回って、坂道を登っても心臓がバクバク言ったりしなかったので、いつも通り10分くらい湯船につかる。久しぶりに長距離を歩いた身体に熱いお湯の水圧が心地よい。水風呂に入っていると頭がフワーとした感じに襲われる。サウナなんかに行くとよくある感覚に近かったので、それを楽しんでいたが、何時までたってもフワフワしたままで、あと急に回りの水の流れる音が大きく聞こえ始めた。湯船から上がっても、まっすぐ歩けない。~ やっぱり、熱いお湯は少し早すぎたかもしれない。

風呂上りにリンゴをひとついただく。

                                      f:id:ats-forldn2012:20210225140418j:plain

火照ったからだに酸味と甘味が浸み込んでいった。

                 ●

断食プログラム終了後、本日初めてやったことのまとめ。

   ・かたゆで卵(固形物)を食べる。

   ・コーヒー(クリーム二つ入り)を飲む。

   ・ちくわの天ぷら(油もの)を食べる。

   ・15,000歩あるく。

   ・散髪して、髭剃りをした。

   ・銭湯に行って湯船にしっかり浸かった。(目まいがした。)

   ・りんごを皮つきで丸かじりした。(固形物 その二。)

以上、銭湯以外は特に問題なく過ごせた。

2月14日(日) ― 断食明け4日目

自宅断食、準備日を含めて10日目。いい天気である。庭の山ざくらのつぼみが膨らみ始めた。

         f:id:ats-forldn2012:20210217190427j:plain

基本的な断食プログラムは、ここで一旦終了となる。 ~ 静養院にいる場合は、退所日に当たる。

あとは、脂っこいもの、肉類、そしてアルコールなどを摂るタイミングを見計らいながら過ごす食生活があと二週間ほど続く。

けじめのため、断食中にお世話になった寝具を、マットレスなんかも含めてベランダに出し、天日干しすることに。今日までおとなしくしてきたが、少し重いものを運ぶのはちょうどいい運動だ。

       f:id:ats-forldn2012:20210217192026j:plain

干し終わった寝具に掃除機をあててほこりを取り除き、部屋に取り込む。しっかり乾いた寝具が置かれた部屋にに小春日和の風が吹き抜ける。自宅断食が終わったことを改めて感じる。

         f:id:ats-forldn2012:20210217192047j:plain

                 ●

食事の方も、具体的には今日あたりからおかゆを止めることになる。

朝・昼とおかゆ、夜は通常のご飯にしてみる。朝食には冷ややっこを追加、断食後の最初の刺激物として、おろししょうがを添える。

f:id:ats-forldn2012:20210217111725j:plain

朝 食:五分がゆ、冷ややっこ・おろししょうがのせ、磯じまん、わかめの味噌汁。

昼食は昨日に引き続き、ポテトサラダとほうれん草とたまごの中華がゆ。ポテトサラダには追いマヨネーズを、中華がゆには海苔と七味を少々。コクが増したり味が引き締まったりといった変化がうれしい。ただ、舌が敏感になっているので、量を加減しないと、食事後も口の中に味が残る。

f:id:ats-forldn2012:20210217111858j:plain

昼 食:ほうれん草とたまごの中華がゆ、奈良漬けトッピングのポテサラ、磯じまん, わかめの味噌汁。

f:id:ats-forldn2012:20210217112340j:plain

夕 食:納豆たまごかけごはん、ひややっこ・おろししょうがのせ、高野豆腐・切り干し大根といんげんの煮物、わかめの味噌汁。

自宅断食開始後、回復食のおかゆを終了し最初のごはん。更に、タンパク質を摂ることを考え、納豆たまごかけご飯に。 ~ せっかくなので少し凝ってみた。

たまごを黄身と白身に分け、白身の方にだし汁と醤油を加えて泡立て、それを熱々のご飯の上に乗せ、さらに納豆とたまごの黄身を置く。

          f:id:ats-forldn2012:20210217184501j:plain

泡立てることでたまごの香りが強くなる。醤油とだし汁で濃く味付けられた白身に黄身と納豆を混ぜながらごはんをいただく。何てことない材料だが、見た目のせいか、結構リッチな気分になった。 ~ 少しネギがあればよかったな。

明日は月曜、また、在宅勤務の一週間が始まる。



2月13日(土) ― 断食明け3日目

朝・昼と昨晩と同じ、少し濃いめのおかゆに、おかずにポテサラを加える。

f:id:ats-forldn2012:20210217110521j:plain

朝 食:五分がゆ、梅干-はちみつ梅うす塩味-、わかめの味噌汁

f:id:ats-forldn2012:20210217110638j:plain

昼 食:五分がゆ、奈良漬けトッピングのポテサラ、磯じまん、わかめの味噌汁 

 夜はおかゆの濃さはそのままで、ホウレンソウとたまごの中華がゆにアレンジ。

f:id:ats-forldn2012:20210217110918j:plain

夕 食 : ほうれん草とたまごの中華がゆ、高野豆腐・切り干し大根といんげんの煮物、わかめの味噌汁。

 断食が明けて三日目だが、すでに食欲が出てきて、元気も出てきた。ただし、前にも書いたようにここで張り切りすぎるのは禁物である。 ~ 今日も静かに暮らす。

2月12日(金) ― 断食明け2日目

今日は、曇り。空は朝から雲に覆われている。ただ、放射冷却も無かったので暖かい。昨晩は、久しぶりに電気アンカも使わずに寝ることが出来た。

          f:id:ats-forldn2012:20210217182404j:plain 

朝食のおかずは昨日と同じで「梅干」。ただし、今日は重湯ではなく、おかゆだ。一昨日に重湯を作った際に、ろ過して残ったご飯粒をもう一度加水・加熱して作ったもの。ごくごく薄いものだけれど。 あと、今日からお味噌汁も付けた。   

f:id:ats-forldn2012:20210217102524j:plain

朝 食:1.5分くらいのおかゆ、梅干-白干梅-、わかめの味噌汁。

朝食後、在宅勤務開始までテレビを観ていると便意を催す。タイミング的には、断食中に出てなかった滞留便だろう。もう少し早く出てくれてれば、空っぽなお腹で断食出来てよかったのに。その後体重計に乗ると、体脂肪率が上がっていた。断食を始めると、体内の脂肪が分解され始めて血液中に溶け出すと体脂肪率が上がる現象が起こる。これも、断食終了後に起こるとは。前回の五日間の断食と最終的に数値比較してみよう。                                                                                   ●

昼食のおかずは、高野豆腐・切り干し大根といんげん豆の煮もの。1週間ぶりの固形物である。

f:id:ats-forldn2012:20210217102928j:plain

昼 食:1.5分がゆくらいのおかゆ、高野豆腐・切り干し大根といんげんの煮物、 わかめの味噌汁。

煮物を一口食べる。うまい! 高野豆腐にしみ込んだ出汁が身体の中にしみわたるカンジがする。昨日は、重湯と梅干だけの食事だったが、それでも少し胸やけがしたので、これらの汁っぽいメニューを15分以上かけて、ゆっくりいただく。

                  ●

夕食は、昼食と同じメニューだが、おかゆを少し濃いめに作った。大根おろしと一緒に食べてみて、食後に様子をみる。

f:id:ats-forldn2012:20210217103727j:plain

夕 食:5分がゆ、高野豆腐・切り干し大根といんげんの煮物、わかめの味噌汁、大根おろし

無事食べ終えた。不快感もない。

断食後、食事に固形物が入るころから元気が出てくるのだが、基本的にこのころの食事の総カロリーは基礎代謝に必要な分すら満たしてない。元気になったのに任せて歩き回ったり運動したりすると、そちらにカロリーが消費され、肝心の消化や排せつに回せず便秘になったりむくんだりといった症状ず出るらしい。(普段あまり意識しないが、食事、消化、排せつにはそれなりにカロリーが必要なのだ。)

断食後は食事はもちろん、運動も一拍遅らせて行うのが良い。

2月11日(木・祝) ― 断食明け初日

五日間の自宅断食が明けた。朝からいい天気である。

                   f:id:ats-forldn2012:20210211175726j:plain

朝食に 昨日作っておいた重湯と梅干しをいただく。五日ぶりの食事の割には、意外と興奮も無く落ち着いた気分である。ただ、重湯をスプーンですくって口の中に入れると、滋味が身体にしみ込んでいくような感覚に襲われる。甘く味付けされた紀州の梅干しのフルーティな味わいも舌の上に心地良い。やはり、断食は感覚を鋭くさせる。こと、味覚についてはかなり敏感になる様に思う。

f:id:ats-forldn2012:20210211180048j:plain

朝 食 : 重湯と梅干し(紀州五代梅)

少ない朝食だが、しっかり満足した。今日は、三食とも重湯と梅干しの食事である。こんな軽い食事でも、食後軽く胸やけがする。やはり食事に関しては、気を付けて徐々に慣らしていく必要がある。          

f:id:ats-forldn2012:20210211180244j:plain

昼 食 : 重湯と梅干し(黒糖黒酢仕込み)

f:id:ats-forldn2012:20210211180343j:plain

夕 食 : 重湯と梅干し(こんぶ梅)

本日の自宅断食の本断食終了を記念して、セルフィーを撮る。

          f:id:ats-forldn2012:20210211180716j:plain