大河内 敦の裏blog(番外編)

広告会社に勤める一級建築士の断食経験とその後。

ゴールデンウィーク明けの、もう一つの整理。

世の中には退職者を優遇してくれるサービスというものがいろいろある。映画館やお店の「シニア割」などがその最たるものだが、一番大きいのは銀行の「退職者向けの優遇金利」というヤツである。

銀行もここ数年は日銀にマイナス金利が導入されるなど厳しい状態が続いており、一時ほどではなくなったが、それでも退職金を2-3カ月定期で預けると年率で1%くらいの優遇金利の適応がある。

こういうチャンスはあまりないので、わたしはこの一年間2-3カ月ごとに優遇金利のある銀行をキャラバンした。満期になるたびに定期預金口座を解約して千万単位の現金を引き出してカバンにつめ、金利分だけを普通預金口座に残し次の銀行に預けに行く。この一年で都合4行を廻ったが、それでも計20万円強の臨時収入になった。何もしていない不労所得と言うヤツだが、こういう時、ある程度まとまったお金と言うのはそれだけでパワーになるのだなと思う。 ~ 銀行側にすると、優遇金利キャンペーンを展開して個人情報を収集し、退職金と言うまとまったお金を持っていて、かつ、今後の収入が低下するであろうシニアに資産運用の話を持ち掛けて投資信託を売りたいという目論みがあるのだろうが、残念ながらラップの金融商品に興味のない私はあまりいいお客ではありません。ごめんなさい。

f:id:ats-forldn2012:20200521125455j:plain

で、こういった金利の優遇も「退職後1年に限る」という銀行が多いため、ゴールデンウィーク明け、61才の誕生日を前に今まで廻った銀行の普通預金口座を解約して現金を回収したり、自分のお金を整理したりした。

「整理」の方で言うと、収入が減った退職後の月々の保険の引き落としと言うのはうっとうしい負担である。で、これを機に退職金で前払いしてしまい、極力今後の生活で引き落しに気を使わないで済む様にした。幸い掛け捨ての保険には加入していないので、前払いしても貯蓄性は高い。さらにまとめて前払いすると、これまた支払保険料に金利分の割引があったりする。

あといくらかを現金のままですぐ引き出せるよう普通預金口座に預ける。これは、投資に心が動いたときに機動的に動ける資金とする。(ちなみに、今回の新型コロナでは、純金の価格が上昇すると思っていたが、退職金をまるまる銀行に預けていたので、購入のタイミングを逸してしまった。値上がりして、今や時すでに遅し。) 残りのまとまった額はとりあえず定期にしておく。

ここまでを一日で行うと、結構ぐったりと疲れた。 ~ 大金を持ち歩くというのはそれだけでストレスだし、利息だけもらって口座を解約するのも少し心が痛む(こちらも、貴重な個人情報を提供しているのだが)。銀行の窓口での売り込みにも防御線を張って答えなければならない (しかし、投資信託の売り込みしか出来ないのかな、銀行さんは)。

空っぽになった現金運搬用のカバンを担いで帰宅、餃子を焼いてスパークリングワインで自分を慰労した。疲れたけど、気分はサッパリ。以上、部屋の整理に続いて私なりのファイナンス整理でした。

ゴールデンウィークである。-その2-

わたしの大掃除のやり方について。

まず自分の部屋にあるものを、全て廊下に出すことから始める。次に、出来るだけ部屋の床の上を何も無い状態にして、一度ピカピカに磨き上げる。

f:id:ats-forldn2012:20200510185945j:plain

床にも壁にもほぼ何もない状態になったので、ついでに整理した楽器がぶら下がっていた壁のフックを外し、ネジ穴をパテで埋め補修の塗装をする。

f:id:ats-forldn2012:20200524112543j:plain f:id:ats-forldn2012:20200524112602j:plain

色合わせは完璧とまでは行かないが、ちょっと見には気にならない程度にはなった。

ついでに、床のフローリングのキズもレタッチ。

f:id:ats-forldn2012:20200524113012j:plain f:id:ats-forldn2012:20200524113032j:plain

こちらは色合わせというより、もともとニスが塗られているので艶が合わない。一瞬、いい機会なのでニスなり、ワックスなりを塗ることも考えたが、乾燥にまた時間がかかりスケジュールに影響しそうなので、今回は見送ることに。

               ●

ここまでに、だいたい丸二日かかる。何もない部屋は、普段と違った表情になる。窓を開け放して五月の風を招き入れた。

f:id:ats-forldn2012:20200510190011j:plain

ひさびさに、新鮮で心地良く、軽やかな気分になる。~ 気にいったモノたちに囲まれた生活も快適だが、自分が選んできたそのモノたちによって、逆に自分の日常の生活や意識が、いかに重たく規定づけられているか、それに気が付いていないか、を思い知らされる。

部屋のレイアウトやモノの保管場所の変更点を決めて、次に廊下に出したものを一つづつ部屋に戻していく。部屋を一度何もない状態にして、その何もない部屋に、また、ものが一つふたつと増えていく。その過程で、置くものについて普段とは違うレベルで意識を向けている自分を感じる。このプロセスは、食べ物を一度絶ち、その後にゆっくり粗食から回復食を摂り始めるのに似ている。対象に対して、極めて意識的になるのだ。

このモノは、自分に必要か?? この部屋にに置かれるべきか?? 置くと決めたものは、掃除機やハタキでホコリを払い、モノによってはウェットティッシュなどで拭きあげてから部屋に戻す。せっかく一度部屋をピカピカに磨いているので、運び入れるモノもキレイにしないと気が済まないのだ。

急にベッドフレームがジャマなものに思えて来て、他のモノを置くスペースとの兼ね合いもあり、今回思い切って分解・廃棄することにした。 ~ デザインは気にいっていたのだが、ムダに大きくよく足をぶつけた。

f:id:ats-forldn2012:20200524114805j:plain

代わりにシンプルなスノコの上にマットレスを置いてベッド代わりに。

ミニマムなカンジで、なかなかよろしい。

f:id:ats-forldn2012:20200521135207j:plain

部屋の模様替えをすると少し意識が変わる、というのは多くの方が経験されたことがあると思うが、部屋にモノが少なくなると気分が軽やかになった。

ゴールデンウィークである。-その1-

昨年、定年前に断食することを思い立ち、静養院に入所したのが令和改元の初日、5月1日だった。早いもので、あれからもう一年が経ったことになる。昨年入所当日の朝、まだ青い庭のサクランボを眺めていたことを思い出した ~ 今年は、おいしそうに熟した実が好きなだけ食べられる。

f:id:ats-forldn2012:20200508124211j:plain

で、ゴールデンウィークである。今年は新型コロナのおかげで里帰りもできないので、うちで過ごす長い時間をできるだけ有意義にすることを考えた。楽器もCDも整理・処分したし、また、部屋のオーディオ機器のセッティングをしっかりやりたいこともあり、とにかく、部屋を大掃除することにした。

断捨離その2                 ~ 楽器を整理・処分する -その7-。

楽器が引き取られて15日目、査定金額についての連絡メールが入った。

結果、納得がいく金額だった。

f:id:ats-forldn2012:20200420164810j:plain
多分、自分が購入した時の合計金額の半分も行っていないと思うが、お店にしてみれば次の買い手が現れなければ在庫となり、買取金額が回収できないリスクを負うことになるので妥当なところだろう。

事前に出来るだけのメンテナンスしておいた甲斐があったのか、当初リストだけを見て提示があった見積金額の上限に近い評価額ものが多く、中にはその時の上限を超える金額で査定してくれたものもあったし、購入時と同じくらいの金額で買い取ってもらえたものすらあった。また、値段が付かないだろうと思っていたエフェクターの様な小物にも何かしらの値段が付けられている、と言うか、値段が付いていないものは無かった。手放した持ち主としては、自分のコレクションが評価してもらえた様で、嬉しい。

幸い、下取り購入を目論んでいたギターはまだ店頭に売れ残っている。また、PAセットも今回売却してしまった事もあり、そのギターに合いそうなシンプルなアンプをセットで買うことにした。

f:id:ats-forldn2012:20200420170127j:plain    f:id:ats-forldn2012:20200420165645j:plain 

 

断捨離その3                 ~ CDも整理・処分する。

楽器を持ち帰ってもらったので、最後の断捨離テーマ、「CD」の整理もすることに。

f:id:ats-forldn2012:20170805193239j:plain

こちらは、過去30年以上にわたって買い集めた約一千枚のCD、その一万曲強の音楽データがすでに私のパソコンにリッピングされている。ジャケットなどの現物に特別な思い入れが無ければ、目の前からCDが無くなっても音楽を聴くこと自体に何の支障もない。

本を売った際には、まず専門書を専門店に買取打診して、余ったもの・それ以外のものをブックオフさんに引き取ってもらうという段取りを踏んだが、本と違って「音楽」という分野は既にデータ化された楽曲が市場にあふれており、その意味では昔の様な「貴重な廃盤」という概念は消滅しつつある。 ~ ある意味さみしいことだが、特別なボックスセットなど以外は「ひと山いくら」世界だ (一方で、アナログ盤などでは高値の取引されるものがあるようだが)。 ~ とにかくこちらも量が多いもので、モノを引き取りに出張買取に来てくれればそれでよいと考え、ネットで見たお店に電話を掛けて来週来てもらうことにした。

前日、前々日と、一度すべてのCDを棚卸してホコリを払い、割れたケースなどは補修・交換を行う。なぜかケースの中にCDが入っていないものも二つ三つあった。どこに行ったのだろう????

                  ●

当日、朝から雨だ。

手元に残すものを除き、リビングに新聞紙を敷いてCDを並べる。

f:id:ats-forldn2012:20200405150956j:plain

約束の13時ちょい前にお店の方が到着、手早く見て、すぐ買取価格の提示があった。もちろん高くはなかったが、特段のこだわりもないので了解すると、支払いがあり手際よく箱詰めがなされCDは運び出された。

f:id:ats-forldn2012:20200405151559j:plain

特に気に入ったもの、高く売れそうなので今回売却しなかったものを除いて、棚のCDが消える。

f:id:ats-forldn2012:20200405152054j:plain

 しかし、楽器の時ほどセンチメンタルな感慨はない。

断捨離その2                 ~ 楽器を整理・処分する -おまけ-。

楽器の査定金額の連絡は、約二週間後になるらしい。こちらは全然急がないことを伝え、無事楽器たちと楽器屋さんを送り出す。 ~ 欲しい楽器が二週間後にも売れ残っていればいいのだが。だが、査定金額がわからない状況で商品を押さえる事も出来ない。売約済になってしまったら、縁がなかったということだ。

f:id:ats-forldn2012:20200326231602j:plain

昨年8月から約半年に及んだ断捨離がひと段落ついたので、この日のために餃子とスパークリング・ワインの小瓶を用意していた。今日は26日。断食後の回復食が6日開始だったので、20日経った。大院長さんのお話によると、胃がハタチになり、脂っこいものとお酒を解禁していい日だ。

約一カ月ぶりのお酒、ひとくち口に含むと、やはり、普段より味が濃く感じる。グラス一杯で満足したが、スパークリングワインの気が抜けてしまうのも勿体ないので、結局小瓶一本飲み切ってしまった。やはり普段より良く廻る。

更にアルコールを飲んだ後のいつものクセで、甘いものが食べたくなる。 ~ チョコレートを食べてウトウト。目が覚めると口になかが甘い。あまり爽やかでないな。今後は酔っぱらうまで飲んで〆に炭水化物というスタイルから、味わう程度に、とか、少し考えた方がいいかも知れない。~ 翌朝もやはり、あまり食欲がなかった。いつもと比べると、そんなに食べた訳でも無いのだが。断食を機に身体のセンサーレベルが敏感になっている。

断捨離その2                 ~ 楽器を整理・処分する -その6-。

明日が楽器引取りの日だ。

お別れ前に、磨き上げられた楽器にチャンと弦を張り、一本づつ記念写真を撮り、最後にちょっと弾いてケースに収める。

18の時に親戚からもらった大学の入学祝で買わせてもらったヤマハのベースなんか、もう40年以上私とともに生活してきたわけで、ちょっとセンチメンタルな気分になる。いまだにネックもしっかりしていて、質実剛健な手触り。その他電気系統などのコンディションにも問題は無い。特段、高級な楽器と言う訳ではないのだが、今だシッカリした音を出すジャパン・ヴィンテージ ~ いい貰い手が見つかることを願う。

翌朝、一階リビングに楽器を運び、引き取りが来るのを待つ。

f:id:ats-forldn2012:20200326230617j:plain

13時半に車が到着。約一時間の引き渡しチェックの後、楽器たちは無事車に載せられる。

 f:id:ats-forldn2012:20200326230631j:plain

さようなら、楽器たち。

引き取りに来てくれた楽器屋さんと順番にチェックしていてあらためて思ったけど、わたしにはもったいない楽器たちでした。私にはそのポテンシャルを引き出すだけの演奏スキルがあるわけでもなく、ただ、眺めるばかりでろくに手入れも出来ませんでした。

新しい持ち主が見つかって大切にしてもらえれば、と切に願う。~ 長い間お付き合いありがとう。

f:id:ats-forldn2012:20200327101318j:plain

今回 売却整理した楽器たち。

手元に四本だけ楽器を残した。これぐらいなら日常的に手入れも出来る。

f:id:ats-forldn2012:20200327101352j:plain

今回手元に残した楽器たち。

 あとは、査定と最終的な買取価格の返事を待つ。